医療・介護

現場の声

【談話】コロナ感染者の「自宅療養原則」は政府の責任放棄
撤回と医療・介護・保健所体制の早急な拡充を求める
(2021年8月4日)全国労働組合総連合

現場の声

大阪府知事へ_要望書
「第4波の教訓を踏まえ、第5波での新型コロナウイルス感染症の犠牲者を最小限にとどめるために、ワクチンの円滑な配布と感染防止対策の強化を求める」(2021年7月26日)
大阪民主医療機関連合会

現場の声

いのちまもる緊急行動inおおさか VOICEシート
全大阪労働組合総連合(大阪労連)

大阪労連は、全労連・中央社保協・医団連(保団連、全日本民医連、医療福祉生協連、新医協、医労連)が6月に呼びかけた「いのちまもる緊急行動」に結集し、全国・大阪の仲間と連帯しながら、7月から秋の総選挙まで、職場・地域から声を…

現場の声

1年以上続くコロナ対応で身も心も限界に
大切な命をつなぐため、第5波を見据えた万全の対策を_
大阪府関係職員労働組合(大阪府職労)府の保健所で働く保健師対象/緊急アンケートを実施
大阪府関係職員労働組合公式サイト https://www.fusyokuro.gr.jp/publication/14876_7月15日更新

大阪府関係職員労働組合(大阪府職労)が、5月に府の保健所で働く保健師を対象に緊急アンケートを実施しました。 アンケートの結果から、コロナ対応が長引く中で府の保健師の過酷な労働実態が浮き彫りになっています。 アンケート結果…

現場の声

新型コロナウイルスワクチン不足の早急な解消と接種体制等の改善を求める緊急要請書(2021年7月9日)
大阪府保険医協会

現場の声

人命に関わる危機的な事態の中で、五輪開催の条件は全くない。直ちに中止を。(2021年7月9日)
大阪府保険医協会

現場の声

内閣総理大へ
直訴状_
全ての希望者が新型コロナウィルスワクチンを接種できるよう迅速な対応を求めます(2021年7月8日)
公益財団法人淀川勤労者厚生協会 理事長 小松 孝充

現場の声

「東京五輪の7月開催中止」アピールに127名の賛同
進歩と革新をめざす大阪の会(大阪革新懇)(2021年7月6日)

 6月28日、進歩と革新をめざす大阪の会(大阪革新懇)は、東京オリンピック開催中止賛同アピールを発表しました。https://kakusinkon.com/archives/2941(大阪革新懇サイトへ) 賛同者は医療、…

現場の声

報道関係各社へ
国の方針に沿って新型コロナワクチン接種時間を捻出
しかし、急なワクチン配給減の通知はまさに“寝耳に水”
ワクチン接種を期待していた国民に対して説明責任を果たすべき(2021年7月1日)
大阪府保険医協会 高本 英司理事長

現場の声

大阪府知事へ_緊急要望書
「まだ前回緊急事態宣言解除の水準まで抑え込めていません。 第四波で全国最悪の被害者を生んだ大阪府は、科学にもとづいた判断で、 今後の新型コロナウイルス抑制策を行ってください」(2021年6月16日)
大阪民主医療機関連合会

現場の声

大阪府知事へ_新型コロナ対策を強化し 、府民の命とくらしを守るための緊急要望(2021年6月10日)
進歩と革新をめざす大阪の会(大阪革新懇)

現場の声

大阪市へ_大阪市における、新型コロナウイルス感染症対策についての要望書(2021年5月31日)
大阪民主医療機関連合会

現場の声

コロナで浮き彫りになった脆弱な医療体制の反省なし
更なる医療費適正化を目論む財務省「建議」_財政審建議について理事長談話(2021年5月25日)
大阪府保険医協会 高本 英司理事長

5月21日、財政制度等審議会が「財政健全化に向けた建議」(以下「建議」)を発表した。 医療分野について「建議」は、新型コロナで浮き彫りになった脆弱な日本の医療供給体制への反省は全くない。それどころか、医療現場の逼迫の原因…

現場の声

報道関係各社御中_
緊急事態宣言を延長した当日、75歳以上高齢者医療費2倍化法案を強行採決
コロナ感染拡大下での強行採決に抗議する_理事長談話(2021年5月10日)
大阪府保険医協会 高本 英司理事長

現場の声

大阪府内の急性期病院に対しての更なる受入れ病床提供要請通知を受けて緊急調査を実施/調査結果概要(2021.4.30)【大阪府保険医協会】

 緊急事態宣言が4月25日に4都府県に発令されました。先の感染症法改定により、知事には病院に対して直接、病床提供の協力要請をする権限、勧告及び勧告に従わない場合に病院名を公表する等の権限が与えられていますが、4月初旬以降…

現場の声

提言「新型コロナウイルス感染対策を困難にしている新自由主義路線 今必要なのは社会保障の充実と国民の暮らしを守る政策への転換」
(2021年4月22日)大阪府保険医協会

(提言内容) ■新型コロナウイルス感染症対策で浮き彫りになった国の医療費抑制策の弊害 ■規制」と「解除」の繰り返し科学的根拠に基づかない国と大阪府の政策判断 ■マスメディアの責任 ■マスコミ報道が「国民の分断」に繋がる危…

現場の声

新型コロナウイルス対策を強化し、府民の命と健康を守るための緊急要望(4月21日)
進歩と革新をめざす大阪の会(大阪革新懇)

現場の声

アピール_大阪府民の皆さんへ
医療体制は限界を超えています。皆さんと皆さんの大切な人のいのちを守るため、
感染しない・させない行動に踏み切ってください(2021年4月21日)

大阪民主医療機関連合会会長 大島 民旗耳原総合病院病院長 河原林正敏西淀病院病院長 福島 啓コープおおさか病院院長 西上 喜房東大阪生協病院院長 橘田亜由美

現場の声

緊急声明
過去最悪の感染状況を直視し、速やかに感染抑制に全力を挙げることを要請します(2021年4月15)

大阪民主医療機関連合会会長 大島 民旗耳原総合病院病院長 河原林正敏西淀病院病院長 福島 啓コープおおさか病院院長 西上 喜房東大阪生協病院院長 橘田亜由美

現場の声

新型コロナ 感染症 患者受け入れに関する病院の実態 緊急アンケート 結果概要(2021年1月26日)【大阪府保険医協会】

 2021年1月26日大阪府保険医協会 患者受入れ公立病院から寄せられた声 「民間病院の受入れが少ないとなっているが、公立などでコロナ患者を受け入れている分、コロナ患者以外の疾患を民間病院が担ってくれている」 …